FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新人の大事な隣人が……ぞくぞくと……!

会社の成長度合いに合わせてなのか……会社を去って行く人…新たに会社の門をくぐる人……特にサンエルは急激な成長を遂げていたので……その当時の社員の出入りが激しかったように想いますッ!

満足に私の想う志事に取り組む心構えや……会社の理念を伝え切る前に去ってしまう人も稀では無かったのが……振り返ってみると反省しながら…実情だったと認めざるを得ませんッ!

私の経営的な目の前の……前に向いた急激な発展的な展開の中で心に余裕が無く……現在のように社員さん達との間の心の交流が満足にされない状況が続いていたようで……当時の多くの出逢いの縁を……錦織のように紡ぐ事が出来なかったケースが多かったみたいッ!

“忙しい”……と言う文字の通りで……“心を亡くした”私の状況が続いた関係なのか……それとも前のブログでも書きましたが……ある時期の私の奢りからなのか……数多くの出逢いが有ったにもかかわらずその頃の出逢いは……生涯のお付き合いにならずに……現在では完全にその絆さえも切れているんですッ!

これは本当に……ある一定の時期に限って……そんな現象が自分の半生を振り返ってみる起こっているようで……私の心の在り方の良し悪しが原因だったみたいですッ!

私の独善的な采配で進めて来たそれまでのサンエルの運営を……深い反省の想いを持ちながら……今度は幹部たちを集めての叡知結集の運営態勢に改めて……月に数回本社に幹部達が集まっての会議を開くようにしたのがこの頃だったかな……!

独善的な独り善がりが良くない事は承知していて……真からの社員総てが心を一つにして団結する必要があるのに……私の意見ばかりで皆の考えをないがしろにしていた時期でしたねッ!

せめてもの皆の意見の集約したものを取り上げようとの幹部会議だったのですが……この頃の私はかなり“恐い存在”だったらしく……幹部達でさえ自由な発言が出来ないオーラを私が放っていたようで……

少しだけ全体的に会社の中に……私に対する“面従腹背”的な感じがはびこっていたように今思えば感じますが……どうだったんでしょうか……!?

そんな雰囲気が漂う当時の会社に入社して……本当に紆余曲折を経て…今日まで無事に“縁を紡ぎ切って来た人”が……本日の“おやじの愉快な仲間”に登場する人物なんですッ!

相当な荒波と想われる会社の成長の歴史の中で……波に呑まれて彷徨う事も無く……難破して私の元から遠ざかってしまう事も無く……生涯の付き合いを現在も進行中な事は幸いですッ!

私の心がかなり荒れている時期で……社内雰囲気には面従腹背的な空気が少なからず有って……多くの人が辞めていった事を考えると……彼はある意味…素晴らしい精神力の持ち主なのかも知れませんッ!

初めて彼と出逢ったのは……彼の親友が既にサンエルに入社していて……その親友の紹介で私と逢う事になったんだと記憶していますッ!
その彼の親友は彼を紹介してから……間もなく会社を去ってしまったんですが……

伏し目がちで……私との面接の折りにも私の目を一度も見ること無く面接を終了し……後にも先にも彼ほど言葉が少ない面接はしたことがありませんッ!

交わす言葉は最低限のもので……「はい…」か「いいえ…」……で尚且つ…その声は蚊が鳴くような…聞こえないような…そんな感じで……時々は返事を声を出さずに首を縦に振ったり…横に振ることで済ませる始末だったんですよッ!

普通の面接官なら……問答無用で不採用を即刻に決裁するのでしょうが……その時の私には“父性の想い”が沸き上がってしまって……こいつを面倒見なくては……との想いで採用してしまったのですッ!

最初に館林のモデルハウスへ赴任させたのですが……すぐに現場から突き返されてしまって……涙目の彼を憐れんで……加須店の責任者に事情を詳しく話して引き受けて貰った記憶がありますッ!

伏し目がちで……寡黙で滅多に口を開かなく……笑顔など一日中で見るのが稀な彼に営業を……当時の加須の責任者はさせたんですよッ!

私はその時に……その責任者は彼を早期に潰す為に故意に…そうしたのかなぁ…と想っていたのですが……少しづつですが……そんな彼の殻を自分で破って……お客様の心を射止め始めたんですッ!

寡黙な彼の言葉には真実みが籠もり……滅多に見せない笑顔は…余計にお客様を安心させたようで……それに…基本的に頭が良くて沢山の専門知識をお客様に披露出来たのが……お客様に受け入れられたみたいですッ!

最低でも一ヵ月で一契約……良い時は三契約ぐらいが出来る立派な……寡黙で…伏し目がちな…小さな声の営業の誕生でしたよッ!

最近……彼から聞いた話ですが……当時の加須の責任者は本社での幹部会議での決定事項や……会社の理念や考え方…想い方…等々を無視してないがしろにしていたらしく……当時の彼も私の考え方や会社の理念に対して……懐疑的に想っていたらしいッ!

本当に理念を理解して……私達の志事の仕方……意義を真に心に受けとめてからは……伏し目がちな状態が直り…話す言葉の声が大きくなり…笑顔が多くなり笑い声が大きくなったみたいですッ!

そんな彼の変化を目の当たりにして……幹部会議で幹部達だけに想いを伝えるのでは真に声が末端には伝わらないと……全社員を集めての『全体会議』を始めようとその時に決断したんですッ!

明後日に開かれるグループ社員が集まる『全体会議』の必要性と実際に始めなければならないと感じ……本当にその切っ掛けになったのは……彼の凄い変化によって気付かされての決断ですッ!

今では……一つのセクションを任せ切っても私が安心できる……そんな彼に大変貌を遂げてくれましたッ!
今の山内さんと逢っている人は……私が初めて逢った時の山内さんを……きっと誰もが想像出来ないかも知れないよッ!
それぐらいの……大変貌かな………!

頭の良さと……想った事を確実に成す為に……誰よりも多くの行動だねッ! 山内さんッ!




スポンサーサイト
サンエルグループ
新築 埼玉 新築 埼玉 群馬 新築 東松山 新築 羽生 新築 藤岡
幸望庵はこちら
プロフィール

サンエルホーム

Author:サンエルホーム
サンキューホールディングス サンエルホーム社主

好評発売中!!
「思いやりのある子が巣立つ家」
住まい創りの大切な入門書

omoiyari_2.jpg

インターネット本屋さん
ビーケーワンにて購入できます。
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。