FC2ブログ

今夜の夜空の星たちは……月の明かりに…………

少し…熱めのお湯にゆっくり浸かって一日の疲れを洗い流して…………そんなお風呂から上がって…ベランダに出で…いつものように星たちに挨拶をしようと想ったら……天候がとても良いのに…星が見づらくて…一生懸命に星の輝きを探してしまいましたよッ!

今夜は……月明かりがとても明るくて…星の輝きを月明かりが奪い取ってしまっていたみたいッ……その月明かりは…私が学生時代のぼろアパートで使っていた電灯くらいの明るさがあり……夜のベランダから見える光景が…まるで…夕闇が迫りつつある夕方の景色のように…良く見えましたよッ!

今日は日曜日で……毎週のように私が楽しみにしている大河ドラマの『竜馬伝』が放送される日で……先週は“堀口一座”の本番に向けての練習の為に…残念ながら見れなかったので……今週は…満を持して早めに帰宅してテレビ桟敷に陣取ったんですッ!

この『竜馬伝』の中で……あの吉田松蔭が黒船に乗り込もとする前に…周り門弟たちが引き止めた時に……「世間のしきたりを気にしたり…人の批判を気にして……自分が信ずる行動をせずに生きたとしても……それは…生きた骸の人生だッ…私が信じて想った行動を為して…私が生きた証と成し……この事で死んだとしても本望だし……幕府に罪を咎められて死罪にされても男の本懐だッ!」……というシーンがありましたが……私は素直にこの松蔭の言葉に感動してたんですよッ!

今日の『竜馬伝』の中では……竜馬の父親が亡くなる前に竜馬に向かって言っていた台詞が私の心に波紋を起こしましたよッ!
父親は「竜馬ッ……おまえの命を…使いきった生き方を為せよッ!」……と言って息を引き取ったのですが…常々…私も有限な命の雫をどのように零して行くかを考えているので……考え深く受けとめたシーンでしたッ!

それに……竜馬が江戸に戻って再び千葉道場で剣術の修行を為す時に……千葉道場の主の千葉定吉先生に…「坂本君ッ……授けられた命の甲斐を果たさずして…死を迎える事は神を冒涜するものだッ……自分の命の甲斐を果たし給えッ!」…何とッ……重い台詞ですねッ!

お一人様一回限りの人生で……有限な命の雫を…毎日のように零し続けながら生きている訳だが……その命の雫の残量は確実に時の経過とともに減っている筈……時の過ぎ行く毎に…私達の命の雫は零れており……やがては…一滴も無くなり…命の雫が枯渇する日を確実に迎えるのですよッ!

この『命の雫』……日々…如何に使えば……より輝く雫の一滴になるのか………

今までも深く考えていましたが……今夜の『竜馬伝』を見て……尚更に深く考えを巡らしましたッ………ベランダに出で星たちを探したのは……こんな心境だったからですッ!

しかし……本当に今夜は…月の明かりが凄く明るいですねッ……外でも本が読めそうですよッ………風邪を引きそうだから…しないけどねッ!




スポンサーサイト



サンエルグループ
新築 埼玉 新築 埼玉 群馬 新築 東松山 新築 羽生 新築 藤岡
幸望庵はこちら
プロフィール

サンエルホーム

Author:サンエルホーム
サンキューホールディングス サンエルホーム社主

好評発売中!!
「思いやりのある子が巣立つ家」
住まい創りの大切な入門書

omoiyari_2.jpg

インターネット本屋さん
ビーケーワンにて購入できます。
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード