FC2ブログ

月日が経つのは早いもので…母が逝って四ヶ月……!

『時は命の雫なり……この時を美しく…ッ!』……などと声高々に言っている私自身が…真に“今…この時を…”を目一杯に…精一杯に……生き切っているだろうか………と…ふと想った朝の一時がありましたッ!

私の母が天寿を全うして逝ってしまってから…もう…四ヶ月が過ぎた事を思い巡らした時に……フッ…と…自分が過ぎていく日々を充分に納得し切って……生き抜いているだろうかッ……と頭の片隅をよぎっていたみたいですッ!

いずれかの日に訪れるであろう……母のもとに行く日に…悔いを抱えては行きたく無いので…気持ちを新たにして……自分の残された限り有る『命の雫』を…もう…これ以上は輝きようが無いくらいに…光り輝かせた…これからの日々を築いて…生き抜きたいものですッ!

母が逝ってしまって………親類…縁者…が大勢集まって四十九日の法要が営まれた時なのですが……私は五人兄弟の一番下なのですが…一番上の姉さんと二番目の姉さんが法要の席で……私の真向いに座ったのですが…二人ともかなりの年齢になってしまった風情で…その雰囲気が醸し出すものに…逝ってしまった母を偲ばせる漂いが………………

そんな雰囲気の漂いを感じたものですから……逝ってしまった母への孝行が充分に出来なかった後悔からなのか……その法要の場で姉達に何かの孝行をしたくなる想いに駆られ……京都の桜の咲く時期に…姉達を連れていく約束したんですよッ!

その日は……四月一日とその場で決めて約束をしましたが……本人達は…エプリルフールの戯言だと想ってようですッ……が…今日総ての手配を私は完遂しましたよッ……宿泊の予約…新幹線の指定席の予約も全部…手配しちゃったよッ!
初江姉さんも…文江姉さんも…まつ江姉さんも……兄貴夫婦も…その日は身体を空けて準備万端にしといてよッ!

一番上の姉さんが七十五歳だから……ゆったりとした京都の旅行を企画して上げますッ……京都旅行らしさの為に清水寺と平安神宮と嵐山は定番として連れていきますが……少し京都市内から遠いのですが桜の名所中の名所の醍醐寺には…強引に年老いた姉達を連れていきますッ! 

それにこの旅行には……私の幸いにもここまで健全に来れた五人兄弟以外に……私に三十年以上も我慢と忍耐で…連れ添ってくれた妻も一緒に連れていく予定ですッ!

この京都旅行の計画の日程の中で……私達が連れ添って三十二回目の結婚記念日が訪れるので……普段の不義理を償う意味でも…この旅行には私の兄弟達と一緒に行って貰いますッ!

四月二日が結婚記念日なのですが…今回が三十二回目……実に…実に……年月の過ぎ去るのは速いッ!
もう……一番上の私の子供が三十歳を迎えようとしているのだから……時が過ぎ去るのが速くて…驚きですッ!

両親とも既に天に召されて…この世には居なく…せめて…姉達への私の想いを京都で遂げて来ますッ………それに…三十年以上も支え続けてくれて来た妻へも…京都へ旅行の最中で『感謝』を伝えたく想っていますッ!

“心を伝える旅”……と位置付けて…善き“命の雫の輝き”を放って来たいと思いますッ!

時の過ぎ去るのは速いですッ………“この時を…”を精根込めて生きたいねッ!


スポンサーサイト



サンエルグループ
新築 埼玉 新築 埼玉 群馬 新築 東松山 新築 羽生 新築 藤岡
幸望庵はこちら
プロフィール

サンエルホーム

Author:サンエルホーム
サンキューホールディングス サンエルホーム社主

好評発売中!!
「思いやりのある子が巣立つ家」
住まい創りの大切な入門書

omoiyari_2.jpg

インターネット本屋さん
ビーケーワンにて購入できます。
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード