FC2ブログ

奇妙な面接からの…生涯の付き合いのスタート…!

丁度……熊谷のアイフルのモデルハウスがオープンして一年が経った頃だったと想いますが……ここのスタッフの増員の為に求人のチラシを入れて若い人の募集をしたんですッ!

そのチラシを見ての応募した一人が……今日の“おやじの愉快な仲間”として登場して貰う人なんですよッ!

当時の私が勤めていた会社の状況は……アイフル事業の好調さで…すこぶる良い感じの経営状況を呈しており……前のブログでも書いた通りで銀行の貸付戦略のアプローチで……当時の社長は何か勘違いをしてしまって…かなりの不動産を買ってしまう……そんな感じの状況でしたッ!

そんな土地の購入の為の銀行借入の話を社長から聞く度に……嫌な予感を感じながら諫めの言葉を社長にした記憶が有るんですが……その度にその社長は私と話をするのを暫らくの間は拒むのを感じ取っていましたッ!

そんな時に……アイフル事業が絶好調なのに……社長が自社のオリジナルの商品を造ってのモデルハウス展開を打ち出し……それを強行してしまったのですッ!

それに……急に言いだしたのがコンビニ業界への参入を果たして……私などには相談も無く店をオープンさせてしまったんですッ!

オリジナル商品でのモデルハウス展開は……必死で私は反対をして……展開を図るのならアイフルで………と食い下がったのですが……それ以来は口を聞いて貰えなくなり……勝手にモデルハウスをオープンをしてしまったんですよッ!

どちらも私が心配した通りで……上手く行かずにコンビニのお店は一年後には閉めるような状態になり……オリジナルの自社モデルハウスでの展開は……やはり一年後には青息吐息の状態になってしまったんですッ!

当時の時流からの発想としては社長の判断は間違っていなかったのでしょうが……現場で実際に活躍するスタッフとのコンセンサスが絶対に不十分だったと感じ取っていましたッ!

第一に……大反対だった私がその時は居たんですから……他の社員の人も少なからず存在した事は間違いないと当時を振り返ると感じますよッ!

その自社開発の商品とは……2×4工法で…狭小土地対応の三階建をモデルハウスとして造って世の中に提案したのですッ!

きっと埼玉の県南の都市部でなら当時であっても……相当の需要が見込めたと想いますが……熊谷の環境では私は疑問符ばかりしか頭のなかに浮かばなかったし……三階建ての厳しい法規制の下調べが甘いもののように当時は感じていたのですッ!

結果は……残念ながら私の余り根拠の無い“予感力”の通りになってしまい……やがてはこの事業の建て直しの為に……私が専任されて私自身の自分の身を削るような仕事をする羽目になってしまうのですが……!

そんな会社の状況下での社員募集で応募してきた彼との面接の場が……初めての出逢いの時と場……だったんですよッ!

当時の彼は二十五歳前後で……背が高くて一見して好青年の印象が強く……第一印象で採用する事を…私は腹の中で決めた記憶がありますッ!

他にも二名の女性と彼以外に男性が一名の面接だったのですが……私の当日の予定の都合で一人一人の面接をする時間が無くて……一つのテーブルを私と面接者四人で囲んで“集団の面接”をしたように記憶していますッ!
彼は……その時の事を…まだ覚えているでしょうか?

結果としては……その時の四人全員を採用して……アイフル事業の新スタッフとして……新しい感覚の導入でマンネリ化しつつある雰囲気を打破していこうと私は想ったものですッ!

当時の彼は……極端に無口で鋭い眼光はずば抜けて輝いており……周りの様子に対して弛まない気配りをしていたのが……当時の私の彼に対しての印象でしたッ!

建築に対してはかなりのこだわりがあって……自分のこだわり外のものを認めないくらいの主義主張を持っており……人間性に於いては…周りの人の心を常に気遣う心優しさを示していたんですよッ!

勤務が始まり…そんな彼の上司が……前に書いた2×4工法の現場管理者だったのですが……彼も目指す職種は現場管理だったので一緒に行動する事の多かったその上司に……彼のこだわりが合わなかったようですッ!

杜撰でいい加減なその上司の現場管理を目にして……彼の心の中の決め事が動いたようで……私と面接してから一年足らすで私の目の前から去って行ってしまったのですッ!

風の便りでは彼の様子は多少は聞く事が出来たのですが……なぜか気になる存在として再び一緒に志事をする為に出逢うまで……私のどこかに確実に彼は住んでいたようですッ!

昨日のブログに登場した一級建築士の人が……彼がその後に勤めた会社が良く無い状態である事を聞き付け……当時の私が独立した会社で彼を必要としている事を伝えて貰って……再び生涯の付き合いの縁を紡いだのですッ!

身体のあちこちが悪くて長期入院等が有ったり……通院等で志事に手がつかない状態になる事もありますが……彼の建物にかける信念や人間としての心の奥深さは……私と生涯の付き合いをしないといけないものを秘めているッ!

今は……グループの一つの会社の総責任者を押し付けてしまっていますが……今でも私の選択は最良で…彼が最適任者だと強く想っていますッ!

経営という激務と……自分の身体のメンテナンス……最近は肉親たちの面倒をみなければならず……その苦労は察する余りあるものが有るけど……私はいつも彼の兄貴の想いでいるから……頼りなッ!

生涯の付き合いとは……肉親と同等の付き合いの事を言うんだから……今後も良い付き合いを……!!!




comment

管理者にだけメッセージを送る

サンエルグループ
新築 埼玉 新築 埼玉 群馬 新築 東松山 新築 羽生 新築 藤岡
幸望庵はこちら
プロフィール

サンエルホーム

Author:サンエルホーム
サンキューホールディングス サンエルホーム社主

好評発売中!!
「思いやりのある子が巣立つ家」
住まい創りの大切な入門書

omoiyari_2.jpg

インターネット本屋さん
ビーケーワンにて購入できます。
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード